MENU
Category
楽天お買い物マラソン 7/19 20:00から 詳しくはこちら

【比較レビュー】HUAWEI Eyewear 2と前モデルEyewearの違いを解説|レンズ交換・音漏れ

(スポンサーリンク)

[当ページにはプロモーションが含まれています]

HUAWEI(ファーウェイ)から出てるメガネEyewearの次世代モデルEyewear 2が登場。

このメガネ、ただのメガネじゃなくて音楽を聞いたり通話したりできるオーディオグラスになっている。

今回はオーディオグラスの最高傑作と名高いEyewear 2をレビューしていく。

前モデルのEyewearとAnkerから出ているSoundcore Framesと比較しているから参考にしてほしい。

(スポンサーリンク)

目次

HUAWEIってどんなブランド?

HUAWEI(ファーウェイ)は中国のテクノロジー企業。

通信情報技術とスマートデバイスを幅広く手掛けており、日本だとスマートウォッチが有名。

↑目次へ戻る

HUAWEIのEyewearシリーズって何?

HUAWEIのEyewearシリーズはいわゆるオーディオグラス

音楽を聞いたり通話したりできるメガネのこと。

今までにEyewearシリーズは3種類発売されている。

オーディオグラス発売日
Eyewear II2021/7/21
Eyewear2022/8/9
Eyewear 22023/11/24

HUAWEI×GENTLE MONSTER Eyewear II

Eyewear II SMART LANG

Eyewear IIはHUAWEIと韓国のアイウェアブランドGENTLE MONSTER(ジェントルモンスター)がコラボしたオーディオグラス。

GENTLE MONSTERらしいスタイリッシュかつ目を惹くデザインと最新のテクノロジーが融合したオサレガジェット。

今回紹介するEyewear 2と名前が似すぎているから注意。

HUAWEI Eyewear

Eyewear ボストン型フルリム

EyewearはHUAWEIのオーディオグラス。

3種類のフレームがあり、Eyewear IIよりシンプルなデザインで普段使いしやすい。

日本のアイウェアブランドOWNDAYS(オンデーズ)とコラボしたモデルもあったけど今は販売していない。

HUAWEI Eyewear 2

Eyewear 2 ブラック

Eyewear 2はHUAWEIの最新オーディオグラス。

Eyewear 2もOWNDAYSとコラボしており、OWNDAYSでレンズ交換が可能。

↑目次へ戻る

Eyewear 2とEyewearの違い・同じ点

Eyewear 2Eyewearの違い・同じ点をまとめたのが以下の表。

スクロールできます
オーディオグラスEyewear 2
Eyewear
発売日2023/11/242022/8/9
価格(税込)ブラック
37,800円
チタニウムシルバー
47,800円
32,780円
デザインウェリントン型ハーフリムボストン型フルリム
ウェリントン型フルリム
ウェリントン型ハーフリム
レンズ交換可能可能
テンプルかなり細い細い
装着感日本人に合う日本人に合う
音質普通普通
音漏れさらに小さい小さい
マルチポイント対応対応
アプリ対応対応
充電ケーブル専用専用
防塵・防水性IP54IPX4
メガネケースハードケースソフトケース

価格

Eyewear 2の価格はカラーによって異なり、ブラックは37,800円、チタニウムシルバーは47,800円となっている。

一方Eyewearはデザインによらず一律32,780円。

円安の影響もあるかもしれないけど、年々ガジェットの値段が上がっていてつらい。

デザイン

スクロールできます
フレームEyewear 2Eyewear
ウェリントン型
ハーフリム
ブラック

チタニウムシルバー
ウェリントン型
フルリム
ボストン型
フルリム

Eyewear 2はブラック、シルバーの2色に対してウェリントン型ハーフリムの1種類のフレームデザインがある。

一方Eyewearのカラーはブラックのみだけど、ウェリントン型ハーフリム、ウェリントン型フルリム、ボストン型フルリムの3種類のフレームデザインがある。

レンズ交換

Eyewear 2Eyewearともにレンズ交換に対応している。

レンズ交換と言っても単にレンズの取り外しができるというだけではない。

OWNDAYSの店舗に持って行くことで、正式にレンズ交換してもらえる。

Eyewearシリーズ以外のオーディオグラスで、メガネ屋さんで正式にレンズ交換してくれるものはないから、その時点でEyewearシリーズは最強。

正式にレンズ交換に対応していなくても、店によってはレンズ交換対応してくれる場合もある。ただし、レンズ交換中に故障、破損したときは自己責任になる可能性が高いから注意が必要。

テンプル

HUAWEI公式ホームページ

オーディオグラスの重要なポイントの1つが「テンプルが太すぎない」こと。

オーディオグラスはテンプルにバッテリーや電子基板、センサーなんかが入ってるせいでテンプルが太くなりがち。

テンプルが太いと明らかに見た目に違和感があるから、細ければ細いほど普通のメガネに近づいて使いやすくなるというのが自論。

前モデルのEyewearはテンプルが細くて、ほとんど普通のメガネにしか見えなかったんだけど、Eyewear 2はさらにテンプルが細くなっていて驚いた。

その分じゃっかん厚みが増しているんだけど、装着している状態では厚みは見た目に影響ないから問題ない。

前モデルから絶妙な進化を遂げていて感動した。

装着感

オーディオグラスのもう1つの重要なポイントが「日本人の頭に合うか」

アメリカとかヨーロッパの企業が開発したオーディオグラスは欧米人の頭のサイズと鼻の高さに合わせて作られているから日本人には合いにくい。

頭への締め付けがきつく感じたり、鼻に引っ掛かりにくかったりする。

その点HUAWEIは中国の企業だからEyewear 2Eyewearもアジア人に合うようにできていて、装着感にストレスはない。

本体の重さもEyewear 2が37.8g、Eyewearが36.4gとなっておりどちらも40gを切っている。

音質

音質はどちらもめちゃくちゃいいというわけではないけど、悪くもないといった感じ。

公式ホームページを見ると、Eyewear 2Eyewearより音質が良くなってるっぽいんだけど、正直あまり進化が分からなかった。

それはいいとして、音質のカスタマイズができないのが残念。

最近のワイヤレスイヤホンはアプリと連携することでイコライザーをカスタマイズできるものが多いけど、Eyewearシリーズは対応していない。

うーん。

その点AnkerのSoundcore Framesは音質もいいし、アプリのカスタマイズも豊富で素晴らしい。

音漏れ

HUAWEI公式ホームページ

音漏れはEyewearよりもEyewear 2の方が明らかに小さい。

スピーカーがテンプルの上下に付いていて、逆位相の音波で音漏れを軽減する構造は一緒だけど、Eyewear 2用に新しいスピーカー設計を開発したとホームページに書いてあるから、内部の構成がじゃっかん違うんだと思う。

とにもかくにも、周囲への音漏れが気になる人はEyewear 2を選んだ方がいい。

マルチポイント

Eyewear 2Eyewearもマルチポイントに対応している。

マルチポイントとは

マルチポイントは2台のデバイスに同時に接続できる機能。

アプリ

Screenshot

Eyewear 2EyewearもHUAWEI AI Lifeアプリに対応している。

HUAWEI AI Lifeアプリでできることは以下。

Eyewear 2Eyewear
ジェスチャーの設定
あいさつの設定
照明の設定
ファームウェア更新
設定
ジェスチャーの設定
あいさつの設定
ファームウェア更新
設定

Eyewear 2には照明の設定という謎の機能が追加されている。

この機能の正体は、通話したり音楽をかけたりするときにテンプルのサイドが光るというもの…

光らせるか光らせないかの設定をアプリでできる。

充電ケーブル

Eyewear 2Eyewearも専用の充電ケーブルがそれぞれ必要。

専用の充電ケーブルは2又になっており、USB-C端子に装着して使う。

充電端子の形状が違うから、Eyewear 2Eyewearの充電ケーブルは併用できないので注意。

防塵・防水性

防塵・防水性はEyewear 2IP54EyewearIPX4になっている。

IP54は粉塵と水の飛沫からの保護を保証しており、IPX4は水の飛沫のみ保護が保証されている。

まあそれほど気にするところではない。

メガネケース

Eyewear 2はハードケースだけど、Eyewearはソフトケースが付属する。

もちろんハードケースの方がカバンの中でつぶれたりする心配がないから嬉しい。

↑目次へ戻る

Eyewear 2とSoundcore Framesの違い・同じ点

Eyewear 2Soundcore Framesの違い・同じ点をまとめたのが以下の表。

スクロールできます
オーディオグラスEyewear 2
Soundcore Frames

発売日2023/11/242022/6/1
価格(税込)ブラック
37,800円
チタニウムシルバー
47,800円
19,900円
デザインウェリントン型ハーフリムボストン型フルリム
レンズ交換可能不可
テンプルかなり細いかなり細い
装着感日本人に合う日本人に合う
音質普通立体感
音漏れさらに小さい小さい
マルチポイント対応対応
アプリ対応対応
防塵・防水性IP54IPX4
メガネケースありあり

ポイントは価格と音質とレンズ交換。

価格

価格はSoundcore Framesが19,900円、Eyewear 2が37,800円と47,800円で倍くらいする。

そんなに出せるか!という人はSoundcore Framesがおすすめ。

音質

Soundcore Framesは立体感のある音質でEyewear 2より迫力があって楽しい。

Soundcoreアプリのも優秀で、イコライザーの調整も細かくできる。

音質と言う点ではSoundcore Framesが上。

レンズ交換

Soundcore Framesはレンズ交換ができない。最初からついているブルーライトカットレンズから変更不可。

Eyewear 2はレンズ交換できるから、それだけでもオンリーワンの価値がある。

結論としては、度付きレンズに交換したいならEyewear 2、ブルーライトカットレンズでもいいならSoundcore Framesということになる。

Soundcore Framesは以下の記事でレビューしているから参考にしてほしい。

↑目次へ戻る

Eyewear 2の詳細スペック

Eyewear 2の詳細なスペックは以下の通り。

製品Eyewear 2
発売日2023/11/24
価格ブラック
37,800円
チタニウムシルバー
47,800円
フレーム形状ウェリントン型ハーフリム
カラーブラック
フレーム ブラック
テンプル ブラック

チタニウムシルバー
フレーム チタンシルバー
テンプル シルバーグラデーション
重さブラック
37.8g
(ファッショングラス部分を含む)
30.8g
(ファッショングラス部分を含まない)

チタニウムシルバー
39.2g
(ファッショングラス部分を含む)
28.8 g
(ファッショングラス部分を含まない)
サイズブラック
レンズフレーム 50mm
ノースブリッジ 23mm
フレームテンプル 149mm

チタニウムシルバー
レンズフレーム 56mm
ノースブリッジ 13mm
フレームテンプル 149mm
バッテリー容量リチウムイオンポリマー電池
110mAh(最小値)
バッテリー持続時間音楽再生 最大11時間
音声通話 最大9時間
充電方法USB-C(5V/1A)
満充電時間50分
操作2回タップ
通話開始/終了
音楽再生/停止
音声アシスタント

スライド
音量調整
曲送り/戻し

長押し
着信拒否
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
静電容量センサー
接続性Bluetooth 5.3

ポップアップペアリング:
対応
装着検知:
対応
マルチポイント接続:
対応
機能風ノイズ低減設計
音漏れ防止設計
ドライバー同一指向型デュアル振動板スピーカー×2
約30×6×4.8mm
防塵。防水性IP54

↑目次へ戻る

Eyewear 2の同梱物

Eyewear 2の同梱物は以下。

Eyewear 2の同梱物
  • 本体
  • ケース
  • 充電コンバータ―
  • クイックスタートガイド
  • 保証とアフターサービスのご案内
  • クロス

↑目次へ戻る

他のオーディオグラスと比較

Eyewear 2以外のオーディオグラスと比較するなら以下の記事を参考にしてほしい。

↑目次へ戻る

【まとめ】Eyewear 2に死角なし

Eyewear 2は現状最強のオーディオグラス。

レンズ交換可能、テンプルが細い、日本人に合う、これらの理由で私はEyewear 2をイチオシする。

同様の理由で前モデルのEyewearもおすすめなんだけど、Eyewear 2の方が音漏れ防止性能が高いから、個人的にはEyewear 2がいいと思う。

とはいえ前モデルのEyewearはセールとかメルカリで安く買える可能性があるから、価格と音漏れを天秤にかけて選べばOK。

では、バイぜ。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次