MENU
Category
楽天お買い物マラソン 7/19 20:00から 詳しくはこちら

ANKER Soundcore Framesレビュー|コスパ最強

(スポンサーリンク)

[当ページにはプロモーションが含まれています]

あのANKERアンカーからついにオーディオグラスが出た。

Soundcore Framesと名のついたそのオーディオグラスは個人的にかなり良かったからさっそくレビューしていく。

参考:ANKER公式ホームページ

筆者について
テイク

読んでいただきありがとうございます!ガジェラッシュ管理人のテイクと言います。

オーディオグラスに関する記事を10記事以上書いており、日本一オーディオグラスに詳しいサイトを自負しています。

(スポンサーリンク)

目次

【結論】コスパ最強でおすすめ

Soundcore Framesはコスパ最強。

他のオーディオグラスが3万円くらいするのに対し、Soundcore Framesは19,990円で比較的安い。

音質もいいし、フィット感も満足。

さらにANKERといえば2年保証にも対応しているから安心感が半端ない。

↑目次へ戻る

Soundcore Framesの発売日・価格

Soundcore Framesの2022年6月1日。

価格は19,990円。

Soundcore Framesの概要

製品Soundcore Frames
発売日2022年6月1日
定価19,990円
タイプメガネ
サングラス
レンズ交換不可
重さ約41g
防水規格IPX4
Bluetooth5.2
再生可能時間最大5.5時間
充電時間約1時間
充電端子磁気充電ケーブル
BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP
対応コーデックSBC/AAC

Soundcore Frames CafeとLandmark

Anker Soundcore Frames Cafe
Cafe
Anker Soundcore Frames Landmark
Landmark

メガネ型のCafeと同時にサングラス型のLandmarkも発売されている。

Cafeは20%ブルーライトカットレンズ、Landmarkは偏光レンズ。

テンプルが細い

オーディオグラスはテンプル(つる)が太いものが多いんだけど、Soundcore Framesは細め。

普通のメガネにしか見えないから普段使いしやすい。

臨場感ある音楽体験

耳を塞がない音楽体験ができるオーディオグラス。

Soundcore Framesは独自のOpenSurroundオーディオシステムを採用し、耳の周りに設置した4つのスピーカーとカスタムオーディオプロセッサーにより、耳を塞がず臨場感あふれる音楽体験を可能にした。

組み立て式

Soundcore Framesは世にも珍しい組み立てるメガネ。

2つのテンプルは完全に独立していて、単体でも動作する。

組み立ては簡単で、テンプルをフレームに差し込むだけ。左右のテンプルをそれぞれフレームとつなげたら完成。

↑目次へ戻る

Soundcore Framesの実機レビュー

ここからは実際に使ってみたレビューをしていく。

良かった点
微妙な点
  • 普段使いしやすい見た目
  • ブルーライトカットレンズ初期搭載
  • フィット感よし
  • 立体感のある音質
  • アプリが優秀
  • タッチセンサーが快適
  • ケースがコンパクトで使いやすい
  • レンズ交換できない
  • 専用の充電ケーブルが必要

普段使いしやすい見た目

オーディオグラスはテンプルにスピーカー、バッテリー、電子基板を搭載しているせいで、普通のメガネよりテンプルが太くなるのは仕方ない。

とはいえBOSEのオーディオグラスみたいにテンプルの幅が2cmもあったらさすがに違和感がある。

このような課題は、オーディオグラスを開発しているメーカーも認識していたようで、2022年以降に登場したオーディオグラスはテンプルが細いものが多い。

Soundcore Framesもそのひとつで、普通のメガネにしか見えないから普段使いしやすい。

ブルーライトカットレンズ初期搭載

Soundcore Frames Cafeにはブルーライトカットレンズが初期搭載されてる。

これ1つでブルーライトカットメガネとイヤホンの2つの役割をこなせるから万能。

フィット感よし

Soundcore Framesを最初にかけたときの感想は、「あ、これめっちゃフィットする!」だった。

頭を軽く振ったり、走ったりしてもズレることはなかった。

日本人の頭のサイズにも合うし、鼻盛りが高めに作られているのがポイント。(欧米メーカーのオーディオグラスは鼻盛りが低い)

本体の重さは41gで、他のオーディオグラスと比較しても軽いから快適。

立体感のある音質

テンプルの耳掛け部に、2つのスピーカーが内蔵されている。

スピーカー1は耳の穴に向かった向きに、スピーカー2は耳の裏にあたる箇所にある。

2つのスピーカーから音が出るから、音に奥行きが生まれて楽しい。

プライバシーモード

ANKERのsoundcoreアプリでプライバシーモードを設定できる。

プライバシーモードに切り替えることで、音漏れを抑制することができるけど、音がこもったようになって立体感が失われるから注意。

アプリが優秀

ANKERのイヤホンといえばsoundcoreアプリ。

音質を調整したり、コントロールの設定を変えたり、多種多様なことができる。

ありがたいことに、Soundcore Framesもsoundcoreアプリに対応しており、様々なカスタマイズが可能。

soundcoreアプリでできること
  • オープンサラウンドモードのオン/オフ
  • サウンドエフェクトのカスタマイズ
  • プライバシーモードの設定
  • 装着検出のオン/オフ
  • 装備補正
  • タッチセンサー、その他機能のカスタマイズ
  • ファームウェアの更新
  • クイックスタートガイド、説明書の確認

タッチセンサーが快適

Soundcore Framesは両テンプルにタッチセンサー搭載。

タッチセンサーでできる操作と機能は以下の通り。これらはsoundcoreアプリでカスタマイズ可能。

タッチセンサーだけで直感的に操作できるし感度も良好。

ダブルタップ再生/一時停止、音声アシスタント
スワイプ次へ、戻る、音量アップ、音量ダウン

ケースがコンパクトで使いやすい

いっけん財布のような見た目のメガネケースが付属している。

シンプルでコンパクトだから使いやすい。

正式にレンズ交換できない

Soundcore Framesは正式にレンズ交換できないのがデメリット。

レンズ交換してくれるメガネ屋さんはあると思うけど、壊れても自己責任となる可能性が高い。

それよりはHUAWEIのEyewearのようにOWNDAYSで正式にレンズ交換できるオーディオグラスにした方がいい。

専用の充電ケーブルが必要

Soundcore Framesは2つの端子が付いた専用の充電ケーブルが必要。

余計なケーブルが増えることがデメリット。

↑目次へ戻る

他のおすすめオーディオグラス

Soundcore Frames以外のおすすめオーディオグラスは以下の記事で紹介しているから参考にしてほしい。

【まとめ】ANKER、アンタやっぱすげえよ

ANKERのオーディオグラスは完成度が高すぎる。

これひとつでブルーライトカットメガネとイヤホンの役割を果たしてくれるからPC作業の多い人はぜひ。

では、バイぜ。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次