MENU
Category
楽天お買い物マラソン 7/19 20:00から 詳しくはこちら

AVIOT Openpiece Playful WB-P1レビュー|vs SHOKZ

(スポンサーリンク)

[当ページにはプロモーションが含まれています]

骨伝導イヤホンといえばSHOKZショックスが有名だけど、日本のイヤホン専門ブランドAVIOTアビオットからも骨伝導イヤホンが出ている。

それがOpenpiece Playful WB-P1

今回はAVIOTの骨伝導イヤホンWB-P1を徹底レビューする。

SHOKZのOpenRunと比較しながらレビューするから、どちらを購入しようか迷っている人はぜひ最後まで読んでほしい。

(スポンサーリンク)

目次

【結論】OpenRunより安いからあり

AVIOT WB-P1

結論から言うと、AVIOTのWB-P1はあり。

理由はSHOKZのスタンダードモデルOpenRunより安いから。

OpenRunより大きく優れてるところもないけど、大きく劣ってるところもないから、価格でこちらを選んでもいいと思う。

あとデザインもけっこう違うから、見た目の好みで選ぶのもあり。

WB-P1の概要

AVIOT WB-P1

まず簡単にWB-P1の概要を説明する。

AVIOT(アビオット)は日本のイヤホン専門ブランド

AVIOTの広告

AVIOTアビオットは2014年に日本で誕生したイヤホンブランド。

AVIOTという名前自体は知らない人も多いのではと思うが、実はワイヤレスイヤホンを30種類以上も出している。

WB-P1のスペック

AVIOT WB-P1

WB-P1とSHOKZのOpenRunを比較で載せてる。

イヤホンWB-P1OpenRun
ブランドAVIOTSHOKZ
発売日2022年12月2022年3月
定価15,950円17,880円
マルチポイント
急速充電
バッテリー容量145mAh140mAh
連続再生時間12時間8時間
充電時間1.5時間1.5時間
充電ポートUSBタイプC磁気誘導
防塵・防水性IP67IP67
Bluetooth5.25.1
コーデックAAC
SBC
SBC
プロファイルA2DP
AVRCP
HSP
HFP
A2DP
AVRCP
HSP
HFP

カラーバリエーション

カラーバリエーションは4色。

カラーWB-P1OpenRun
ブラック
ホワイト/グレー
ネイビー/ブルー
ルージュ/レッド

↑目次へ戻る

WB-P1を開封・中身を確認

以下レビューするカラーはWB-P1のドーンネイビー

パッケージは黒色でかっこいい。

AVIOT WB-P1の箱

中身をすべて取り出すとこんな感じ。

AVIOT WB-P1の同梱物
AVIOT WB-P1の同梱物
  • イヤホン
  • 収納ケース
  • USBタイプCケーブル
  • USBキャップ
  • ユーザーマニュアル
  • 製品保証登録カード

↑目次へ戻る

WB-P1の実機レビュー

ここからはOpenRunと比較しながらレビューしていく。

【外観】モダンフィットデザイン

AVIOT WB-P1とSHOKZ OpenRun

WB-P1OpenRunのサイズ感は写真の通り。

上から見るとサイズ感はほとんど同じ。

横から見ると形はかなり違う。

AVIOT WB-P1とSHOKZ OpenRun

WB-P1はバッテリーとか電子基板が入っているコア部分が縦向きになっていて、AVIOT独自の「モダンフィットデザイン」と呼ばれる形状。

どちらの形が良いかは完全に好み。

【装着感】安定感がある

AVIOT WB-P1

モダンフィットデザインと適度な圧迫感で安定感がある。

走ったり頭を振ったりしてもズレにくい。

WB-P1本体の重さは28.3gでOpenRunの27gとほとんど変わらないし、装着感に関しても、WB-P1OpenRunは同等だと感じた。

【音質】OpenMove以上OpenRun以下

AVIOT WB-P1

WB-P1の音質は「OpenMove以上OpenRun以下」に感じた。

OpenMoveはSHOKZのエントリーモデル(11,880円)で、OpenRunはSHOKZのスタンダードモデル(17,880円)。

WB-P1は15,950円だから、要するにお値段相応の音質ってこと。

低音もそこそこ出るし、音もクリアーだから特に不満はない。

【マルチポイント】もちろん対応

AVIOT WB-P1

WB-P1はマルチポイント接続にも対応している。

マルチポイントとは?

2台のデバイスを同時にBluetoothに接続できる機能。

マルチポイントがあれば操作なしで接続を切り替えることができるので便利。

例えば1台目で音楽を聞いている最中に2台目にかかってきた電話の着信をそのまま受けて通話することができる。

【充電方法】USBタイプC充電

AVIOT WB-P1

WB-P1はUSBタイプCで充電する。

一方OpenRunは専用の磁気誘導ケーブルが必要だから、面倒くさい。

USB-Cで充電できることはWB-P1の大きなメリットだ。

充電しながら使用できる

WB-P1の大きな特徴が充電しながら使用できる点。

仕事とかで長時間連続で使わない限りはあまり意味ないけど、OpenRunは充電しながら使えないから、この点は強み。

【防塵・防水性】水洗いできるIP67

防塵・防水等級IP67
防塵性完全な防塵構造
防水性規定の圧力、時間で水中に没しても水が浸入しない

WB-P1OpenRunと同じのIP67。

IP67あれば突然の雨やスポーツ時の汗に強いことはもちろん、水洗いすることも可能。

水に濡れた後は十分乾かしてください。

↑目次へ戻る

WB-P1とWB-K1の違い

WB-K1はAVIOTのコストコ限定モデル。

価格が11,980円でWB-P1より安いのと、モダンフィットデザインではないのが特徴。

コストコに行ったら買える。

↑目次へ戻る

WB-P1とWB-E1Mとの違い

AVIOT WB-P1

AVIOTにはWB-P1以外にWB-E1Mというモデルがある。

最大の違いはブームマイクの対応可否。

イヤホンWB-P1WB-E1M
ブームマイク
OpenPiece Elite WB-E1Mの「M」はマイクのMです

WB-E1Mはブームマイクの取り付けが可能で、プライベートでも仕事でも使える上位モデル。

詳細は以下の記事を参考にしてほしい。

↑目次へ戻る

【まとめ】日本の骨伝導イヤホン

AVIOTの骨伝導イヤホンOpenpiece Playful WB-P1はお手頃な価格で性能も良くコスパ抜群。

SHOKZのOpenRunより価格が少し安く、デザインもけっこう違うから、好みに応じてWB-P1を選ぶのはあり。

→おすすめの骨伝導イヤホン比較はこちら

→AVIOTのワイヤレスイヤホン比較はこちら

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次