MENU
Category
【予告】Amazon新生活セール 詳しくはこちら

BoCo PEACE SS-1レビュー|イヤーカフ型骨伝導イヤホン

(スポンサーリンク)

[当ページにはプロモーションが含まれています]

骨伝導イヤホンといえばネックバンド型が主流だけど、左右独立の骨伝導イヤホンがあるのを知ってた?

それがBoCoボコから出ているPEACE SS-1という骨伝導イヤホン。

今回ようやくゲットしたからレビューしていく。

参考:BoCo公式ホームページ

(スポンサーリンク)

目次

【結論】コンセプトはおもしろいけど…

結論から言うと、PEACE SS-1は良くも悪くも普通。

左右独立の骨伝導イヤホンって珍しいから、コンセプトはおもしろいんだけど、やっぱり骨伝導イヤホンの特性上、左右独立型だと音質が落ちる。

防水性が高いというメリットがあるけど、明らかなメリットはそれくらいで、基本的には空気伝導のオープンイヤーイヤホンの方が優秀。

ということでこの記事の最後で、空気伝導のおすすめオープンイヤーイヤホンを2つ紹介する。

↑目次へ戻る

BoCoはどこの国のブランド?

BoCoは東京都に本社を置く日本の会社。

日本の自社工場で、骨伝導イヤホンの肝である振動子を作り、本体は日本と中国で作っている模様。

↑目次へ戻る

BoCo PEACE SS-1の概要

イヤホンPEACE SS-1
ブランドBoCo(ボコ)
発売日2022/8/22
価格21,780円
重さイヤホン:7.5g
充電ケース:56g
サイズイヤホン:27×30×30mm
充電ケース:38×77×44mm
充電時間イヤホン:50分
充電ケース:100分
使用時間イヤホン単体:8時間
ケース併用:24時間
充電ポートUSB-C
防塵防水性能IPX7
Bluetooth5.2
通信距離10m
コーデックSBC
aptX Adaptive
プロファイルA2DP
AVRCP
HFP
HSP

カラーバリエーション

PEACE SS-1のカラーバリエーションはブラックとホワイトの2種類。

ブラック
ホワイト

左右独立の骨伝導イヤホン

BoCo公式ホームページ

骨伝導イヤホンといえばネックバンド型が主流だけど、PEACE SS-1は左右独立。

左右独立の骨伝導イヤホンはかなり珍しい。

イヤーカフ型

BoCo公式ホームページ

PEACE SS-1はイヤーカフ型のオープンイヤーイヤホン。

イヤーカフ型は耳掛け型よりファッション性が高いのがメリット。

PEACE SS-1の発売日

PEACE SS-1の発売日は2022年8月22日。

PEACE SS-1の価格

PEACE SS-1の価格は21,780円。

ブランド/製品価格
SOUNDPEATS
GoFree2
7,880円
ANKER
AeroFit
16,990円
BoCo
PEACE SS-1
21,780円
ANKER
AeroFit Pro
22,990円
SHOKZ
OpenFit
24,880円
HUAWEI
FreeClip
27,800円

↑目次へ戻る

BoCo PEACE SS-1のレビュー

ここからは実際に使ってみたレビューをしていく。

良かった点
微妙な点
  • デザインは悪くない
  • 軽くて快適な装着感
  • 振動が小さい
  • 防水性が高い
  • 音質は普通
  • カスタマイズ性がない

デザインは悪くない

PEACE SS-1はイヤーカフ型でおしゃれ。

イヤホンの外側はラメが入っていて、光が当たるとキラキラ反射する。

ケースも同じようにラメが入っていて宇宙みたい。

あとPEACE SS-1はブランドロゴがいいね。

「boco」のロゴが〇が4個並んでいておしゃれ。

軽くて快適な装着感

PEACE SS-1はかなり快適。

イヤーカフ型だから耳の軟骨に挟んで使うわけだけど、挟む力が強すぎることもなく、それでいてズレることもなく快適な装着感だった。

オープンイヤーイヤホンで重要なのが装着感だから、その点はポイント高い。

振動が小さい

骨伝導イヤホンで気になるのが振動。

PEACE SS-1は振動が小さいから、よくある骨伝導イヤホンと比べると快適。

防水性が高い

PEACE SS-1がSHOKZとかHUAWEIの左右独立のオープンイヤーイヤホンに明確に勝っているのが防水性が高いこと。

IPX7あれば水没しても問題ない。

これは骨伝導イヤホンの強みだ。

空気伝導のイヤホンは穴が空いてるから水没すると内部に水が浸入して壊れる危険がある。

音質は普通

PEACE SS-1の音質は普通、

骨伝導イヤホンでよくある音のこもりは気にならなかったし、むしろボーカルとか高音はクリアーだと思った。

ただ低音はやっぱり弱いし、迫力はあまり感じない。

カスタマイズ性がない

カスタマイズ性がないのもつらいところ。

ここで言うカスタマイズ性というのは、アプリでイコライザーや操作の割り当てを変更すること。

今どきのワイヤレスイヤホンはカスタマイズできたり、ファームウェアをアップデートできたりするものも多いんだけど、PEACE SS-1はまったくない。

↑目次へ戻る

左右独立のオープンイヤーなら空気伝導がおすすめ

個人的には左右独立のオープンイヤーイヤホンなら空気伝導の方がいいと思ってる。

ということでおすすめのオープンイヤーイヤホンを紹介する。

HUAWEI FreeClip

PEACE SS-1と同じイヤーカフ型のイヤホン。

FreeClipはデザインが良すぎるのと、低音がしっかり出るのがメリットで、逆にデメリットはほとんどないから、イヤーカフ型のイヤホンが欲しいなら絶対これ。

SHOKZ OpenFit

PEACE SS-1と違う耳掛け型のイヤホン。オープンイヤーのパイオニアSHOKZが作った最高傑作。

OpenFitは音に包まれている感覚が強くて、ライブハウスやコンサートホールにいるような感覚を楽しめる。

他のオープンイヤーイヤホン

PEACE SS-1FreeClipOpenFit含め、他のオープンイヤーイヤホンは以下の記事で紹介しているから参考にしてほしい。

↑目次へ戻る

【まとめ】左右独立の骨伝導イヤホンは難易度高め

骨伝導イヤホンばかり作ってきたSHOKZが左右独立のOpenFitだけ空気伝導にしたのは、「左右独立の骨伝導イヤホンは技術的に難易度が高い」と判断したからに他ならないと思ってる。

それに果敢に挑んでるBoCoはすごいと思うけど、やはり空気伝導にはまだ及んでいない。

いつか空気伝導を脅かすような左右独立の骨伝導イヤホンが生まれたらおもしろい。

では、バイぜ。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次