MENU
Category
【4/19から】amazonスマイルセール 詳しくはこちら

SHOKZ OpenCommとOpenComm UCの違いを解説|Loop 110って何?

(スポンサーリンク)

[当ページにはプロモーションが含まれています]

SHOKZショックスのビジネスモデル骨伝導イヤホンOpenCommオープンコムは、優秀なノイズキャンセリングマイクが搭載されておりおすすめ。

そんなOpenCommにはOpenComm UCというモデルがあるんだけど、どっちを選べばいいか分かりにくいから、この記事ではOpenCommOpenComm UCの違いを解説していく。

(スポンサーリンク)

目次

【結論】違いはBluetoothアダプターにあり

OpenCommOpenComm UCの違いは1つだけ。

「Bluetoothアダプターが付属するかしないか」

スクロールできます
製品OpenCommOpenComm UC
発売日2020年12月14日2022年8月24日
定価22,880円27,880円
Bluetoothアダプター付属なし付属

Bluetoothアダプターがあることで、パソコンとのBluetooth接続をより安定させることができる。

↑目次へ戻る

OpenCommシリーズの概要

そもそもOpenCommって何?という人に向けて、OpenCommの概要を説明したい。

スクロールできます
製品OpenRun
スタンダードモデル
OpenComm
ビジネスモデル
発売日2022年3月1日2020年12月14日
定価17,880円22,880円
主な用途日常
トレーニング
仕事
骨伝導技術第8世代第7世代
ミニサイズありなし
カラーブラック
グレー
ブルー
レッド
ブラック
バッテリー
駆動時間
8時間16時間
急速充電対応10分間の充電で1.5時間使用可能未対応
充電時間1.5時間1時間
充電ポート磁気誘導磁気誘導
無線通信距離10m10m
マルチペアリング可能可能
防水・防塵IP67IP55
コマンドコントロール多機能ボタン
ボリュームボタン
多機能ボタン
ボリュームボタン
重量26g33g
EQ機能スタンダードモード
ボーカルモード
スタンダードモード
ボーカルモード

OpenCommはビジネスモデルの骨伝導イヤホンで、SHOKZのイヤホンの中では唯一ブームマイクがついている。

ブームマイクがついているから声をよく拾うし、マイクのノイズキャンセリング性能も高いから、通話や会議に適したモデルなんだ。

↑目次へ戻る

OpenCommとOpenComm UCの違い

OpenComm UC

OpenComm UCはパソコンとの接続性が向上

OpenComm UCOpenCommと比べて、パソコンとの接続性が向上したモデル。

と言っても、Loop 110というUSBアダプターが付属するかしないかの違い。

Loop 110をパソコンに差し込むことでより安定したBluetooth接続ができる。

Bluetoothアダプター Loop 110

Loop 110はUSB-AバージョンとUSB-Cバージョンの2種類あるから、WindowsユーザーもMacBookユーザーにも対応してる。

Loop 110は後から追加購入できる

OpenComm UCOpenCommの違いはLoop 110が付属するかしないかだけで、本体はまったく同じ。

つまりOpenCommを購入してもLoop 110だけ後から入手すれば、OpenComm UCと同じということだ。

だから、いったんOpenCommを購入して、必要になったらLoop 110を購入するというのもできる。

ただこのときの注意点はOpenComm UCより価格が1,880円高くなること。

スクロールできます
製品OpenComm+Loop 110OpenComm UC
定価22,880円+6,880円
=29,760円
27,880円

とはいえ、本当に接続性が良くなるのか疑問視するのは当然だから、まずはOpenCommだけでいいんじゃないかな。

↑目次へ戻る

【まとめ】Loop 110で接続性アップ

OpenComm UCOpenCommにBluetoothアダプターLoop 110が付属しただけ。

後からLoop 110を追加で購入することができるから、必要になったら買えばいいと思う。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次