MENU
Category
楽天お買い物マラソン 7/19 20:00から 詳しくはこちら

最近よく見るLofreeはどこの国のブランドか調査

(スポンサーリンク)

[当ページにはプロモーションが含まれています]

最近よく見かけるレトロでおしゃれなマウス。スケルトンなキーボード。

これらを販売しているのがLofreeロフリーというブランド。

Lofreeがに気になっている人も多いのではないだろうか。

かく言う私もそのひとり。

ということで、Lofreeがどこの国のブランドで何の会社か調査してきたので報告する。

参考:Lofree公式ホームページ

(スポンサーリンク)

目次

【結論】Lofreeは中国のブランド

結論から言うと、Lofreeは中国の深圳洛斐客文化有限公司という会社のブランドだった。

また中国の深圳しんせんだ。

深圳と言えば、「中国のシリコンバレー」とも呼ばれる超ハイテク都市で、AppleとかGoogleも開発拠点を置いてる。

スマートウォッチで有名なHUAWEIファーウェイとか、骨伝導イヤホンのパイオニアSHOKZショックスと言った企業も深圳が発祥の地。

なんでこんなに次々すごい企業が出てくるんだよ…

↑目次へ戻る

LoFreeの概要

Lofreeのコンセプト

Lofreeのコンセプトは「 FUN 2㎡」。

直訳すると 「2㎡を楽しめ」

え、どういうことって感じだけど、生活の色んな2㎡、例えばPCデスクをおもしろくするというのがコンセプトみたい。

日本ではマウスとキーボードしか展開してないけど、扇風機とか化粧台とか色々な解釈の2㎡製品を作っている。

Lofreeの始まり

Lofreeの最初の製品は、レトロなワイヤレスメカニカルキーボード。

このキーボードは2017年にアメリカのクラウドファンディングで公開され、744,199ドル(当時の為替レートで大体8千万円)売り上げた。

それ以来、累計200万台以上のキーボードが売れているとのこと。

↑目次へ戻る

LoFreeの購入方法

Lofreeの主な製品はキーボード。

amazonではFLOWというキーボードだけ公式で販売されている。

それ以外はLoFreeの公式ホームページから購入できる。

↑目次へ戻る

【まとめ】Lofreeがきてる

Lofreeのキーボードとマウスはおしゃれで最高。

私も買おうと思ってるんだけど、欲しいのがいくつかあって何にするか迷っている状況。

手に入ったらレビューしていく。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次