MENU
Category
【4/19から】amazonスマイルセール 詳しくはこちら

AVIOT TE-BD11tRレビュー|再生時間はナンバーワン

(スポンサーリンク)

[当ページにはプロモーションが含まれています]

低音は正義。

低音最強。

どうも低音教信者のテイクです。

低音が強いワイヤレスイヤホンを探しているとAVIOTのTE-BD11tRにたどり着く人も多いと思う。

TE-BD11tRの写真

タイトルでネタバレしてるけど、結論を言うとTE-BD11tRの低音は期待外れだった。

とはいえ、いいところもあったからそれらも含めてレビューをしていこうと思う。

(スポンサーリンク)

目次

AVIOTは日本のワイヤレスイヤホンブランド

TE-J1の写真

AVIOTアビオットは2014年に日本で誕生したワイヤレスイヤホンブランド。

AVIOTという名前自体は知らない人も多いのではと思うが、実はワイヤレスイヤホンを30種類以上も出している。

AVIOTの一番の特徴は、やはりアーティストコラボ。

凛として時雨のピエール中野さんが監修したワイヤレスイヤホンTE-Z1PNKや、あのちゃんがイメージキャラクターのTE-Q3がある。

ファンならついつい欲しくなってしまうワイヤレスイヤホンである。

↑目次へ戻る

TE-BD11tRはAVIOTの重低音モデル

TE-BD11tRの写真
AVIOT公式ホームページ

TE-BD11tRは、AVIOTの重低音モデル。

「ULTRA DEEP BASS」という設計になっていて、低音の迫力と中高音域のクリアーさを両立している。

TE-BD11tRの価格

TE-BD11tRの価格は16,940円。

他のAVIOTのワイヤレスイヤホンの価格は以下の通り。

イヤホン価格
TE-Q311,990円
TE-BD11tR16,940円
TE-J121,890円
TE-Z1PNK39,600円

ワイヤレスイヤホンとしては、ミドルレンジの価格帯に該当する。

TE-BD11tRの発売日

TE-BD11tRの発売日は2022/12/2。

↑目次へ戻る

TE-BD11tRのスペック

TE-BD11tRの写真
イヤホンTE-BD11tR
形状カナル型
発売日2022年12月2日
定価16,940円
ANC
外音取り込み
ハイレゾ
マルチポイント
急速充電10分の充電で120分再生
ワイヤレス充電
イヤホン本体オン/オフ
ドライバー10mmダイナミックドライバー
アーマチュアドライバー
マイク高感度MEMSマイク
バッテリー85mAh(イヤホン)
600mAh(ケース)
通話時間9時間
再生時間18時間(イヤホン単体)
60時間(ケース併用)
充電時間1.5時間
充電ポートUSBタイプC
防塵・防水性IPX4
Bluetooth5.2
マルチペアリング8デバイス
マルチポイント2デバイス
コーデックAAC
SBC
プロファイルA2DP
HFP
HSP
AVRCP

TE-BD11tRの実機レビュー

TE-BD11tRの写真

落ち着いた低音

TE-BD11tRの写真

TE-BD11tRの低音は、迫力ある低音!というよりは「確かにそこにある」低音。(伝われ)

低音が主役ではなくて、主役はあくまで中高音域で、助演男優賞みたいな感じでそこにある。(伝われ)

でも重低音モデルって言われたら、低音ガンガンを想像しちゃうやん。

そこのズレがあったね。

ノイズキャンセリングが微妙

TE-BD11tRの写真

TE-BD11tRはノイズキャンセリングが弱い。

まあAVIOTのワイヤレスイヤホン全般に言えることでもあるんだけど…

ノイキャンが優秀なワイヤレスイヤホンをつけると、道路の車の音とかほとんど消えるんだけど、TE-BD11tRは「ホントにノイキャン効いてる?」ってくらい大したことない。

静かなところで使うのはいいけど、うるさい場所には向いてない。

ここまでのレビューで音質関連が微妙だということが分かったと思うんだけど、ここからはポジティブなレビュー。

カラバリ豊富でデザインもグッド

AVIOTのワイヤレスイヤホンはカラーバリエーションが豊富。

TE-BD11tRもディープブラック、ダークルージュ、ドーンブルー、ポーラーホワイトの4種類ある。

ディープブラック
ドーンブルー
ダークルージュ
ポーラホワイト

イヤホンが宝石で、充電ケースが宝石箱みたいなデザインになっていてかわいい。

TE-BD11tRの写真
TE-BD11tRの写真

男女問わず使えると思う。

ワイヤレス充電対応

TE-BD11tRの写真

TE-BD11tRの最大のメリットはワイヤレス充電といっても過言ではない。

ワイヤレス充電器の上にケースを置くだけで充電できるから快適。

TE-BD11tRの写真

実はAVIOTのワイヤレスイヤホンでワイヤレス充電対応モデルは少なくて、上位機種のTE-Z1PNKTE-J1も対応してない。

急速充電にも対応

急いで充電しないと!という人も安心。

TE-BD11tRは急速充電にも対応している。

基本はワイヤレス充電でいいと思うけど、急いでいるときにも10分充電すれば120分も音楽再生できるから、充電し忘れても大丈夫。

驚異の60時間再生

TE-BD11tRは充電ケースと併用すれば、60時間も再生できる。

60時間も再生できるワイヤレスイヤホンって他にない。

有名どころのワイヤレスイヤホンの再生時間を見てみよう。

再生時間イヤホン単体ケース併用
AVIOT
TE-BD11tR
18時間60時間
Apple
AirPods Pro
6時間30時間
SONY
WF-1000XM
12時間不明
ANKER
SoundCore Liberty4
9時間28時間
AVIOT
TE-J1
9時間28時間

TE-BD11tRの再生時間が圧倒的なことが分かるだろう。

他のワイヤレスイヤホンと比べて半分の充電回数で済むから、充電が面倒くさい人には朗報。

マルチポイントもしっかり対応

マルチポイントにも対応してるから、スマホとタブレット、スマホとパソコンみたいに2台同時にBluetooth接続できる。

一台を音楽再生用、もう一台を電話待受用にすることもできるから、音楽再生中も別端末にかかってきた着信を逃すことがない。

イヤホン単体でオン/オフできる

ケースの出し入れで電源をオン/オフするワイヤレスイヤホンが多いけど、TE-BD11tRはイヤホン単体で電源のオン/オフができる。

これのおかげで充電ケースがなくても電源が切れるから、充電ケースを持ち運ぶ必要もない。

意外といいかも

低音が期待外れで残念だったんだけど、それ以外はかなりいいことに気づいた。

ワイヤレス充電、急速充電、マルチポイント、イヤホン単体のオン/オフ…

痒い所に手が届きすぎているから、低音はいったん置いておいて、ワイヤレスイヤホンとしてはかなり優秀。

とはいえ、この記事を読んでいる人は低音に飢えている人ばかりのはずだから、次に低音強めのワイヤレスイヤホンを紹介していく。

↑目次へ戻る

おすすめワイヤレスイヤホン【低音強め】

BOSE QuietComfort Ultra EarBuds

QuietComfort Ultra EarBudsの写真

老舗オーディオブランドのBOSEボーズから出ているQuietComfort Ultra EarBuds

名前が長いからQC Ultra EarBudsって呼ぶ。

圧倒的低音・音圧・幸福

もしとにかく低音が強いワイヤレスイヤホンが欲しいならこれ。

QC Ultra EarBudsを初めてつけたとき衝撃だった。

今までAirPods Proを使ってきてたけど、QC Ultra EarBudsは別格。

ワイヤレスイヤホンというより、スピーカーで聞いているような感覚。

イマーシブオーディオとんでもない

QuietComfort Ultra EarBudsの写真
BOSE公式ホームページ

イマーシブオーディオという3Dオーディオが採用されていて、QC Ultra EarBudsは音が頭の動きに追従する。

正面を向いている状態から、横を向くと横から音が聞こえるような感覚になる。

本当に目の前で演奏しているかのような没入感が味わえるようになっている。

これ本当に感動するから聞いてほしい。

マルチポイント非対応?ワイヤレス充電別売り??

QuietComfort Ultra EarBudsの写真

価格が4万円弱もするのに、マルチポイント非対応だし、ワイヤレス充電のケースは別売り。

うん、残念ポイントではあるんだけど、それでもQC Ultra EarBudsは圧倒的買って良かったガジェット。

デメリットを凌駕するくらい、音に迫力に感動したから大満足。

AVIOT TE-J1

TE-J1の写真

TE-BD11tRと同じAVIOTから出ているTE-J1

重低音モデルではないけど、TE-BD11tRより低音強め。価格も高め。

意外と低音出る

低音域にかけてはAirPods Proとか3万円を超えるワイヤレスイヤホンにはさすがに勝てないけど、イコライザ調整して低音を上げればちゃんと迫力ある音が聞ける。

TE-J1のアプリ画面
TE-J1のアプリ画面

やはりノイズキャンセリングが微妙

TE-BD11tRのレビューでも言ったけど、AVIOTのワイヤレスイヤホンはノイキャンが微妙。

AirPods Proとかハイエンドのワイヤレスイヤホンのノイズキャンセリングのような「静寂…!圧倒的静寂!」のような感動はない。

静かな場所ならよく効くけど、道路では弱い。

デザインはかなりいい

TE-J1の写真

ワイヤレスイヤホンのレビューはいくつかしてきたけど、充電ケースのデザインが一番好き。

レザー調でサイドはスケルトン。

めっちゃかっこいい。

HUAWEI FreeBuds 5i

FreeBuds 5iの写真

HUAWEIといえば、スマートウォッチが有名だけど、実はワイヤレスイヤホンも出している。

それがFreeBudsシリーズ。

コスパ最強の低音

FreeBuds 5iに限らずHUAWEIから出ているワイヤレスイヤホンは低音が強めに設計されている。

FreeBuds 5iも1万円程度だけど、低音が強め。

しかもLDACにも対応しているから、ハイレゾ音源を再生することも可能。

イコライザも3種類あって、アプリで変更できる。

デフォルト低音強化高音強化

もちろん低音強化だよね。

HUAWEIのイヤホンはデザインがいいって知ってた?

FreeBuds 5iの写真

HUAWEIのイヤホンは日本で全然見かけないけど、実はデザインがいいってことを知ってほしい。

例えば、FreeBuds 5は美しい曲線と鏡のような質感で時代の先端を行ってる。

FreeBuds 5iはケースのデザインが秀逸で、まん丸の宝石のようなデザインとマットな質感が最高。

ノイズキャンセリングも強い

FreeBuds 5iの写真
HUAWEI公式ホームページ

ノイズ制御は、ノイズキャンセリング、オフ、外部音取り込みの3パターンから選べる。

さらにノイズキャンセリングにはウルトラ、標準、くつろぎの3つから好みのモードを選択できる。

ウルトラ非常にうるさい場所に最適
標準うるさい場所に最適
くつろぎノイズの少ない場所に最適

ノイズキャンセリングは、AirPodsなどと比べるとさすがに劣る。

たしかに静かなんだけど、不自然な静寂というか、普段AirPods Proを使っている身からすると違和感がある。

それでも1万円台のワイヤレスイヤホンでは明らかに最強レベル。

ほぼAirPods Pro

HUAWEI FreeBuds 5iとAirpods Proの写真

このイヤホンと出会ったとき、「ほぼAirPods Proやん」って思った。

ちょっと大げさかもしれないけど、少なくともFreeBuds 5iとAirPods Proに3万円の金額差を感じなかった。

最近のワイヤレスイヤホンは高すぎるから、お金をかけたくない人にはFreeBuds 5iはけっこうおすすめ。

↑目次へ戻る

【まとめ】低音目当てなら買うな

アイキャッチ

「重低音モデル」、「ULTRA DEEP BASS」と言いながら、低音は期待外れだった。

これは素直に残念だったけど、再生時間がワイヤレスイヤホン界ナンバーワンだったり、イヤホン本体でオン/オフができたりと、痒い所に手が届くワイヤレスイヤホンになっている。

だから、低音目当てというよりは、何でもできる万能なワイヤレスイヤホンが欲しいひとにおすすめ。

低音ガンガン鳴るワイヤレスイヤホンならBOSEのQuietComfort Ultra EarBudsがおすすめ。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次