MENU
Category
楽天お買い物マラソン 7/19 20:00から 詳しくはこちら

ANKER 511 Power Bank(PowerCore 30W)レビュー|5000との違い

(スポンサーリンク)

[当ページにはプロモーションが含まれています]

ANKERアンカーからまた新しいモバイルバッテリーが出た。

それが511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)

前レビューした511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)の後継機種。

いや名前似すぎだろ…(笑)

名前も見た目も似てるこれらの新旧モバイルバッテリーだけど、実は決定的な違いがあるから詳しくレビューしていく。

(スポンサーリンク)

目次

【結論】コンセントの干渉がなくなった

ANKER 511 Power Bank(PowerCore 30W)

結論から言うと、前モデルの511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)と新モデルの511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)の決定的な違いはコンセントの干渉がなくなったこと。

後で詳しく解説するけど、前モデルはコンセントプラグとUSB-Cポートの向きが最悪で、他のコンセントと干渉していた。

それが新モデルでは解消されているんだ。

これだけなんだけど、各段に使いやすくなったから、511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)はおすすめ。

511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)の概要

ANKER 511 Power Bank(PowerCore 30W)

以下が新モデルの511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)と前モデルの511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)のスペック。

スクロールできます
モバイルバッテリーPowerCore Fusion 30W
PowerCore Fusion 5000
カラーブラック
ホワイト
ブルー
ピンク
グリーン
パープル
ブラック
ホワイト
ブルー
ピンク
サイズ約78×44×31mm約113×30×30mm
重さ約185g約170g
容量5000mAh5000mAh
入力AC:100V-240V~1.5A
USB-C:5V=2.1A
AC:100V-240V~0.5A
出力
(モバイルバッテリー)
USB-C 出力:5V=3A /9V=2.22A /10V=2.25A(最大22.5W)USB-C 出力:5V=3A / 9V=2.22A (最大20W)
出力
(充電器)
USB-C 出力:5V=3A / 9V=3A/10V=2.25A/15V=2A/20V=1.5A/(最大30W)USB-C 出力:5V=3A / 9V=2.22A (最大20W)
価格5,490円4,990円
発売日2023/8/242022/6/23

カラーバリエーション

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルー、ピンク、グリーン、パープルの6種類。

前モデルからグリーンとパープルが追加されている。

カラーPowerCore Fusion 30WPowerCore Fusion 5000
ブラック
ホワイト
ブルー
ピンク
グリーン
パープル

小型デザイン

ANKER 511 Power Bank(PowerCore 30W)

ポーチやミニバックにすっぽり収まる小型デザイン。

コンセントプラグは折りたためるから、カバンの中で引っ掛かることもない。

前モデルと比べると、太くて短くなってる。

最大30W出力(充電器として使用時)

前モデルは最大20Wだったけど、新モデルは最大30Wで充電できるから、スマホだけじゃなくてMacBook Airも充電できるようになった。

MacBook Airユーザーは歓喜。(なお私は持ってない)

最大22.5W出力(モバイルバッテリーとして使用時)

ANKER 511 Power Bank(PowerCore 30W)

モバイルバッテリーとして使用時の出力も20Wから22.5Wにわずかに上がってる。

これははっきり言ってほとんど同じ。

↑目次へ戻る

511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)のレビュー

ここからは実際に使ってみたレビューをしていく。

コンセントとの干渉が解消

ANKER 511 Power Bank(PowerCore 5000)
PowerCore Fusion 5000
ANKER 511 Power Bank(PowerCore 30W)
PowerCore Fusion 30W

コンセントプラグとUSB-Cポートの向きがが改善されたことで、コンセントとの干渉がなくなった。

言葉では説明しにくいから、写真を見てほしい。

ANKER 511 Power Bank(PowerCore 5000)
PowerCore Fusion 5000
ANKER 511 Power Bank(PowerCore 30W)
PowerCore Fusion 30W

前モデルはUSB-Cポートが下向きについているせいで、もうひとつのコンセントに接触して使えないことがあったんだけど、新モデルはUSB-Cポートが反対についているから接触することがなくなった。

デザインは相変わらずいい

ANKER 511 Power Bank(PowerCore 30W)

前モデルからデザインが良かったのは新モデルも継続。

カラーバリエーションも4色から6色に増えて、選びやすくなった。(パープルかわいい)

急速充電はやっぱり便利

ANKER 511 Power Bank(PowerCore 30W)

新モデルPower Bank(PowerCore Fusion 30W)は、モバイルバッテリーとして22.5Wの急速充電に対応。

前モデルは20Wまでだったから、ほとんど変わっていないわけだけど、22.5Wの出力があるモバイルバッテリーは優秀。

↑目次へ戻る

間違えないように注意

ANKER 511 Power Bank(PowerCore 5000)とANKER 511 Power Bank(PowerCore 30W)

前モデル511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)と新モデルPower Bank(PowerCore Fusion 30W)は名前も見た目も似てるから、購入するとき間違えないように注意だ。

というのも私が1回間違えているから…(笑)

デザインが前モデルじゃないと絶対無理とか、よほどの理由がない限りPower Bank(PowerCore Fusion 30W)を選ぶように。

↑目次へ戻る

他におすすめのANKERモバイルバッテリー

MagGo Power Bank以外のおすすめのANKERモバイルバッテリーは以下の記事で紹介しているから参考にしてほしい。

【まとめ】プラグの向きとポートの位置が違うだけで全然違う

アイキャッチ

前モデルの511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)と新モデルの511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)の違いは、言ってしまえばコンセントプラグの向きとUSB-Cポートの向きが違うだけ。

たったそれだけかと思うかもしれないけど、これが使いやすさに決定的な差を生み出している。

511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)は充電器としてもモバイルバッテリーとしても優秀だからおすすめできる。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次