MENU
Category
楽天お買い物マラソン 7/19 20:00から 詳しくはこちら

Oladance OWS1レビュー|SHOKZ OpenFitと比較

(スポンサーリンク)

[当ページにはプロモーションが含まれています]

最近オープンイヤー型のイヤホンが注目されているけど、いち早く完全独立のオープンイヤー型イヤホンを送り出してきたのがOladanceオーラダンス

そこで今回はOladanceのOWS1とオープンイヤーの定番SHOKZのOpenFitを比較していく。

(スポンサーリンク)

目次

【結論】低音と音の迫力重視の人はOladance

OladanceのOWS1は低音が強くて、オープンイヤー型なのに音の迫力がすごい。

耳を塞がないのにズンズン鳴るから、まるでライブハウスにいるような気分を味わうことができる。

OWS1みたいにとがった製品っていいよね(笑)

それに対してSHOKZのOpenFitは万能。

全項目平均点以上だけど、音の迫力に関してはOWS1に及ばない。

↑目次へ戻る

Oladanceはどこの国?

Oladanceは香港に本社を置く企業DANCING TECHNOLOGYダンシング テクノロジーが開発したオープンイヤー型イヤホン。

DANCING TECHNOLOGYはオーディオ業界10年以上のベテランエンジニアを筆頭に、2019年に設立されたばかりの新しい企業で、OWS1が会社の第一号製品。

↑目次へ戻る

Oladance OWS1の概要

製品OWS1
発売日2022/12/9
定価26,225円
カラーホワイト
シルバー
ブルー
オレンジ
サイズ58mm×40mm×20mm
重さ12.7g(片側)
ケースサイズ130mm×48mm×26.5mm
ケース重さ60g
防水性能IPX4
コーディングSBC
ドライバー2つの16.5mmドライバー
音声信号ステレオ
ノイズキャンセリング環境ノイズキャンセリング
Bluetooth5.2
ワイヤレスアンテナLDS
充電ケースポートUSBタイプC
コントロール音声コントロール
通話コントロール
音量コントロール
電話ネイティブの音声アシスタント
バッテリー容量160mAh
バッテリー寿命最大16時間
バッテリー充電時間1.5~2時間

OWS1のカラーバリエーション

OWS1のカラーバリエーションはホワイト、シルバー、ブルー、オレンジの4種類。

ホワイト
シルバー
ブルー
オレンジ

16.5mmダイナミックドライバー×2

2つの16.5mmダイナミックドライバーを組み合わせることで、コンサートホールやライブ会場にいるようなオーディオ体験を実現している。

大容量バッテリー

イヤホン単体で16時間の駆動時間。

AIrPods Proの駆動時間が最大6時間だからまじで長い。

クラウドファンディングで1億円集めた

Oladanceのクラウドファンディング

OWS1は2022年にMakuakeで実施したクラウドファンディングで1億円集めた。

当時無名のベンチャー企業がクラウドファンディングで1億円集めるというのはとんでもない。

↑目次へ戻る

SHOKZ OpenFitの概要

製品OpenFit
発売日2023/7/6
定価24,880円
主な用途日常
カラーブラック
ベージュ
バッテリー
駆動時間
7時間(イヤホン)
28時間(ケース併用)
バッテリー
待機時間
最大10日
電池容量58mAh(イヤホン)
600mAh(ケース)
急速充電対応5分間の充電で1時間使用可能
充電時間1時間(イヤホン)
2時間(ケース)
充電ポートUSBタイプC
最大充電電圧5.0V±5%
Bluetooth
バージョン
5.2
無線通信距離10m
対応プロファイルA2DP,AVRCP,HSP,HFP
マルチペアリング可能
互換コーデックSBC/AAC
防塵・防水IP54
素材PC,シリコン
コマンドコントロールタッチパッド
重量8.3g±0.2g(イヤホン)
57g±1g(ケース)
水分検出器未搭載
周波数帯域50Hz~16kHz
EQ機能アプリ対応
感度95.5±2.5dB
マイクタイプデュアルノイズキャンセリングマイク+AIコールノイズキャンセリング
マイク感度-38dB±3dB

OpenFitのカラーバリエーション

OpenFitのカラーバリエーションはブラックとベージュの2種類。

ブラック
ベージュ

OpenFitの詳細

詳細は以下の記事で解説しているから参考にしてほしい。

↑目次へ戻る

OWS1とOpenFitの比較レビュー

ここからは実際に使ってみて比較しながらレビューしていく。

製品OWS1OpenFit
デザイン
フィット感
音質
操作性
アプリ
バッテリー

デザイン|どちらもいい

OWS1は光を当てると反射するメタリックな見た目。

OpenFitはマットなデザイン。

どっちもどっちでスタイリッシュだから甲乙つけがたい。

フィット感|OpenFitに敗北

装着したときのフィット感はOpenFitに敗北。

OpenFitは超軽量で動いても全然ズレないから付けているのを忘れるレベルでフィットする。間違いなく耳掛けのオープンイヤー型イヤホンでナンバーワン。

一方でOWS1は頭を動かしたり歩いたりするとちょっとズレるのが気になる。

一応OWS1にはシリコン製のイヤーフックが付属していて、こいつを装着してあげると多少ズレにくくなる。

音質|音の迫力最高

OWS1で初めて音楽を聞いたとき感動した。

AirPods Proで初めてノイズキャンセリングをしたときとも異なる感動。

耳を塞がない開放感とまるでライブハウスにいるかのように響き渡る低音。

ライブが趣味の私にとってOWS1は最高。

OpenFitもかなり音質がいいんだけど、迫力に注目したらOWS1の方がいいね。

操作性|どちらも快適

どちらも側面にタッチセンサーがついていて、タッチで簡単に操作できる。

一通りの操作はできるし、反応もいいから満足。

アプリ|どちらも使いやすい

どちらも専用のアプリが合って、音質とか操作をカスタマイズ可能。

インターフェイスも見やすいから快適に使える。

バッテリー|充電ケースが別売り…

OWS1は最初から付属しているケース単体で充電できない。

まあまあな価格するのに、充電ケースがないのは痛い。

一応別売りで専用の充電ケースがあるんだけど、こいつも7,000円くらいするから困る。

↑目次へ戻る

OWS2とOWS Proが登場

OWS1の後継機種と進化系でOWS2OWS Proが登場。

OWS2OWS1のマイナーチェンジでほぼ同じ。

OWS ProOWS1の弱点であったフィット感が改善され、充電ケースもついてくる。

↑目次へ戻る

【まとめ】俺でなきゃ見逃しちゃうね

オープンイヤー型イヤホンを選ぶ人だいたいSHOKZを選ぶ。それかANKER。

だけどOladanceも実はおすすめだから、この記事を読んでくれたあなたはぜひ候補に入れてあげてほしい。

では、バイぜ。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次