MENU
Category
【4/19から】amazonスマイルセール 詳しくはこちら

【比較表】デイトナとタナックスのおすすめシートバッグ14選

(スポンサーリンク)

[当ページにはプロモーションが含まれています]

この記事で解決できる悩み
  • バイクの積載量をアップしたい!
  • シートバッグを選ぶポイントは?
  • 用途別におススメなサイドバッグを教えてほしい
  • バイクでキャンプしたい

私はCB250Rに3年以上乗っていて、20,000km近く走っていますが、初めのころは積載量が少なくて困っていました。

ですが、シートバッグを手に入れたことで世界が変わりました!

シートバッグにテントやチェアを積んで、四国一周、九州一周キャンプツーリングを達成しました。

この記事では、以前の私と同じようにバイクの積載量の少なさに迷っているあなたに、おススメなシートバッグを用途別に厳選して紹介します。

(スポンサーリンク)

目次

シートバッグの選び方

シートバッグは、タンデムシートの上に取り付けるタイプのバッグです。

シートバッグを選ぶ際は、次の点を意識しましょう。

  • 用途に応じて必要な容量を決める
  • 固定方法と取り付けやすさ
  • 防水性はあるか、レインカバーは付属するか
  • 拡張機能があるか
  • デザインはバイクとマッチするか

用途に応じて必要な容量を決める

シートバッグは、サイドバッグやタンクバッグと比べて種類が豊富です。

5L程度の小容量から60L程度の大容量のものまであるので、用途に応じて容量を選ぶことができます。

容量のサイズ感
  • 5L:大きめのウエストポーチ
  • 20L:一般的なリュックサック
  • 40L:小さめのボストンバッグ
  • 60L:大きめのボストンバッグ

普段使いにちょうどいい5L

財布、スマホ、ペットボトルなどを持ち運べます。

休日にフラッと昼ご飯を食べに行くときなんかに便利ですね。

通勤、通学にちょうどいい20L

パソコンや教科書といった物を持ち運べます。

通勤、通学に便利なサイズですし、スーパーに買い物に行くときにも使えます。

日帰りツーリングもこのサイズで余裕です。

旅行にちょうどいい40L

40Lあれば、着替えやお土産などのかさばる荷物も持ち運べます。

1泊するツーリングにも対応可能なので、40L以上の容量があればツーリングの幅が広がること間違いなしです。

キャンプに行くなら60L

キャンプにバイクで行こうと思ったら、60L程度の積載容量は欲しいです。

積載容量60Lのシートバッグが1つあれば、テント、寝袋、マット、チェア、テーブル、調理道具などのキャンプ道具は一通りバイクで持ち運ぶことができます。

固定方法と取り付けやすさ

シートバッグは着脱するものなので、取り付けやすいものだとありがたいです。

例えば、デイトナが開発したイージーリングベルトや、タナックスが開発したKシステムベルトは、タンデムシートの下にベルトを通すだけで簡単にシートバッグを取り付けることができます。

拡張機能があるか

シートバッグには、荷物を入れるだけではなく、それ以外に便利な機能が備わっています。

例えば、こんな感じ。

  • ドリンクホルダー
  • Dリング
  • ホルダーベルト
  • 取り外せるサイドポケット

これらの機能はあるにこしたことがないものばかりなので、必ずチェックしましょう。

防水性はあるか、レインカバーは付属するか

ツーリングは突然の雨に見舞われる可能性が常につきまといます。

そんな時に、バッグに防水性があれば、大事な荷物を雨から守ることができますよね。

そのため、バッグの防水性は気にしたいところ。

ただ、バッグ自体に防水性がなくても、専用のレインカバーが付属していたり、レインカバーが別に売られていたりもするので、セットで持っておきたいです。

デザインはバイクとマッチするか

バイクは見た目のカッコよさが命!!

シートバッグを取り付けると、どうしてもバイクのシルエット崩してしまいます。

せっかくのカッコいいバイクがダサくなってしまったら悲しいので、バイクにマッチするデザインのシートバッグを選びたいです。

デイトナとタナックスのシートバッグ比較表

シートバッグはデイトナとタナックスの2強です。

これら2つのブランドからありとらゆるタイプのシートバッグが発売されているので、必ずあなたにマッチしたシートバッグが見つかると思いますよ!

スクロールできます
バッグ容量メーカー価格容量可変高さ奥行重量材質取り付けやすさ防水性拡張機能
DH-708
4Lデイトナ6,664円11cm25cm28.5cm900gカーボン調合皮
1680Dポリエステル
イージーリングベルトレインカバー付属
MFK-236
5Lタナックス8,480円17.3cm21.6cm27.8cm820gPC樹脂
1680Dポリエステル
Kシステムベルトレインカバー付属
DH-722
7~12Lデイトナ6,818円15~22cm25cm34.5cm1.12kgポリエステルイージーリングベルトレインカバー付属バンジーコード
MFK-240
14~18Lタナックス11,365円21~25cm27.8cm35cm1.28kgポリエステルKシステムベルトレインカバー付属
MFK-100
19~27Lタナックス9,855円20cm37~51cm30cm1.6kg1680Dナイロン
PVCレザー
Kシステムベルトレインカバー付属ドリンクホルダー
ホールディングコード
DH-751
20Lデイトナ12,410円17cm44cm30cm2.05kg調査中イージーリングベルトレインカバー付属バックパックとして使用可
拡張ポーチ
MFK-233
29~40Lタナックス12,372円23cm52~68cm28cm2.1kgポリエステル固定ベルトレインカバー付属ドリンクホルダー
ホールディングコード
バッグ容量メーカー価格容量可変高さ奥行重量材質取り付けやすさ防水性拡張機能
DH-748
30Lデイトナ3,600円48cm30cm28cm750gターポリンイージーリングベルト
(別売り)
防水素材バックパックとして使用可
DH749と連結可能
MFK-246
35Lタナックス6,618円25cm56cm25cm800gナイロン
TPUコーティング
固定ベルト
(別売り)
防水素材ショルダーベルト付属
エアバルブ
MFK-101
39~59Lタナックス14,082円31cm47~67cm31cm2.7kgナイロンレインカバー付属ドリンクホルダー
ホールディングコード
着脱式サイドポーチ
MFK-247
50Lタナックス7,716円29cm60cm29cm820gナイロン
TPUコーティング
防水素材ショルダーベルト付属
DH-749
60Lデイトナ5,751円45cm30cm30cm1.2kgターポリン固定ベルト防水素材DH748と連結可能
MFK-102
59L~75Lタナックス15,864円35cm62~82cm33cm3.7kgナイロン固定ベルトレインカバー付属ドリンクホルダー
ホールディングコード
着脱式サイドポーチ
容量順に並べた比較表
引用:amazon.co.jp

容量5L程度

容量5Lのイメージは大きめのウエストポーチ

デイトナ バイク用 シートバッグ 4L DH-708

容量4L
メーカーデイトナ
価格6,664円
高さ11cm
25cm
奥行28.5cm
DH-708のスペック
さらなる詳細はこちら

DH-708は容量4Lのシートバッグです。材質はカーボン調合皮と1680Dポリエステル。

イージーリングベルトが付属しているため、取り付けが簡単です。レインカバーが付属しているのも嬉しいポイント。

最大のメリットはデザイン性に優れているところです。ミニマルデザインかつカーボン調合皮でどんなバイクにも合わせやすいデザインです。

タナックス シェルシートバッグ SS MFK-236

容量5L
メーカータナックス
価格8,480円
高さ17.3cm
21.6cm
奥行27.8cm
MFK-236のスペック
さらなる詳細はこちら

MFK-236は容量5Lのシートバッグです。材質はPC樹脂と1680Dポリエステル。

Kシステムベルトレインカバーが付属しており、取り付けやすさと防水性はバッチリ。

上で紹介したデイトナのDH-708との大きな違いは材質です。上面にPC(ポリカーボネート)という素材を使っているため、衝撃に強く、耐久力があります

デイトナ バイク用シートバッグ 7~12L DH-722

容量7~12L
メーカーデイトナ
価格6,818円
高さ15~22cm
25cm
奥行34.5cm
DH-722のスペック
さらなる詳細はこちら

DH-722は7~12Lまで容量を変えられるシートバッグです。材質はポリエステル。

イージーリングベルトが付属しているため、取り付けが簡単です。レインカバーが付属しているのも嬉しいポイント。

最大のメリットは7Lというコンパクトサイズであるにもかかわらず、最大12Lまで容量可変であることです。

そのため、荷物が少ないときはコンパクトにしてデザイン重視。お土産などの荷物が増えたら容量アップという使い方ができます。

容量20L程度

容量20Lのイメージは一般的なリュックサック

タナックス シェルシートバッグ GT MFK-240

容量14~18L
メーカータナックス
価格11,365円
高さ21~25cm
27.8cm
奥行35cm
MFK-240のスペック
さらなる詳細はこちら

MFK-240は14~18Lまで容量を変えられるシートバッグです。材質はPC樹脂と1680Dポリエステル。

Kシステムベルトレインカバーが付属しており、取り付けやすさと防水性はバッチリです。

上で紹介したタナックスMFK-236と同様にPC(ポリカーボネート)樹脂を採用しているため衝撃に強い作りになっています。

着替えやレインウェアを入れることも可能なので、MFK-236では容量が足りない…という人におススメです。

タナックス ミニフィールドシートバッグ MFK-100

容量19~27L
メーカータナックス
価格9,855円
高さ20cm
37~51cm
奥行30cm
MFK-100のスペック
さらなる詳細はこちら

MFK-100は19~27Lまで容量を変えられるシートバッグです。材質は1680DナイロンとPVCレザー。

他のタナックス製品と同様に、Kシステムベルトレインカバーが付属しています。

Amazonのシートバッグ部門でベストセラーとなっているタナックスのフィールドバッグ4種の中で、最も小さいモデルです。ミニフィールドバッグだけがKシステムベルトに対応しています。

容量可変、サイドポケット、ドリンクホルダー、ホールディングコードなど非常に機能性に優れています。

日帰りツーリングに持って行くシートバッグで悩んだら、これを選んでおけば間違いないと言える仕上がりになっていますよ!

デイトナ シートバッグ&バックパック20L DH-751

容量20L
メーカーデイトナ
価格12,410円
高さ17cm
44cm
奥行30cm
DH-751のスペック
さらなる詳細はこちら

DH-751は容量20Lのシートバッグ兼バックパックです。

バックパックですがイージーリングベルト対応で、バイクに簡単に取り付けられます。もちろんレインカバーも付属。

最大のメリットはバックパックとしても使用ができる点。

ツーリングに行き、観光などでバイクを離れるときに荷物をそのまま持ち運べるのは便利で安心ですね。

通勤、通学にもちょうどいいサイズ感です。

タナックス モトフィズ ミドルフィールドシートバッグ MFK-233

容量29~40L
メーカータナックス
価格12,372円
高さ23cm
52~68cm
奥行28cm
MFK-233のスペック
さらなる詳細はこちら

MFK-240は29~40Lまで容量を変えられるシートバッグです。材質はPC樹脂と1680Dポリエステル。

Amazonのシートバッグ部門でベストセラーとなっているタナックスのフィールドバッグ4種の中で、2番目に小さいモデルです。Kシステムベルトには対応していませんが、4本の固定ベルトが付属しています。

後で紹介するタナックス フィールドシートバッグと比べて高さが低く、横幅が広い設計になっています。

デイトナ バイク用バックパック30L DH-748

容量30L
メーカーデイトナ
価格3,600円
高さ48cm
30cm
奥行28cm
DH-748のスペック
さらなる詳細はこちら

DH-748は容量30Lのバックパックです。材質はターポリン。

ターポリンとは、ポリエステルなどの遷移を樹脂で挟んだもので、雨風に強く、耐久力が高いのが特徴です。

バイクに固定するベルトは付属していませんが、別売りのイージーリングベルトがあれば、簡単に取り付け可能です。

最大の特徴は後で紹介するデイトナバイク用シートバッグ60Lと連結可能な点です。これにより最大積載容量90Lが実現します。

普段はバックパックとして、キャンプツーリングではシートバッグの容量アップに使える二刀流バッグです。

容量40L程度

容量40Lのイメージは小さめのボストンバッグ

タナックス シートバッグ タフザックD35 MFK-246

容量35L
メーカータナックス
価格6,618円
高さ25cm
56cm
奥行25cm
MFK-246のスペック
さらなる詳細はこちら

MFK-246は容量35Lのシートバッグです。材質はナイロンにTPUをコーティングしたもの。

ナイロン+TPUはターポリンと同様に防水素材ですが、ターポリンと比べて強度1.5倍、15%軽量になっています。

バックパックのように背負うことはできませんが、ハンドグリップとショルダーベルトが付属しているので、ボストンバッグのような使い方ができます。

エアバルブがついているので、内部の空気を抜いて荷物を圧縮できるのは嬉しいポイント。さすがタナックス。

タナックス フィールドシートバッグ MFK-101

容量39~59L
メーカータナックス
価格14,082円
高さ31cm
47~67cm
奥行31cm
MFK-101のスペック
さらなる詳細はこちら

MFK-101は39~59Lまで容量を変えられるシートバッグです。材質はPC樹脂と1680Dポリエステル。

Amazonのシートバッグ部門でベストセラーとなっているタナックスのフィールドバッグ4種の中で、2番目に大きいモデルです。Kシステムベルトには対応していませんが、4本の固定ベルトが付属しています。

39~59Lあればキャンプツーリングも可能になります。

ただ、個人的には後述のキャンピングシートバッグ2をおススメします。理由は大は小を兼ねるからです。

キャンプ道具は気づいたら増えていくので、初めから大きなサイズを持っておいた方が何かと便利だと思います。

タナックス シートバッグ タフザックD50 MFK-247

容量50L
メーカータナックス
価格7,716円
高さ29cm
60cm
奥行29cm
MFK-247のスペック
さらなる詳細はこちら

MFK-247は容量50Lのシートバッグです。材質はナイロンにTPUをコーティングしたもの。

ターポリンと比べて強度1.5倍、15%軽量のナイロン+TPUコーティング。防水性も抜群。

前に紹介したタフザックD35の大容量モデルで、容量50Lあるのでキャンプも可能です。

容量60L程度

容量60Lのイメージは大きめのボストンバッグ

デイトナ バイク用シートバッグ60L DH-749

容量60L
メーカーデイトナ
価格5,751円
高さ45cm
30cm
奥行30cm
DH-749のスペック
さらなる詳細はこちら

DH-749は容量60Lのシートバッグです。材質は雨風に強く、耐久力が高いターポリン。

防水シートバッグの中では最高峰の積載量60Lを誇るのがDH-749の最大のメリットです。

泊まりのツーリングは雨に打たれる可能性も上がりますが、大容量の防水バッグがあれば安心ですね。

また、バイク用バックパック30L DH-748を積み重ねて固定可能なので、容量を最大90Lまで拡大できるというオプション付きです。

タナックス キャンピングシートバッグ2 MFK-102

容量59~75L
メーカータナックス
価格15,864円
高さ35cm
62~82cm
奥行33cm
MFK-102のスペック
さらなる詳細はこちら

MFK-102は59~75Lまで容量を変えられるシートバッグです。材質はPC樹脂と1680Dポリエステル。

Amazonのシートバッグ部門でベストセラーとなっているタナックスのフィールドバッグ4種の中で、最も大きいモデルです。付属している4本の固定ベルトでバイクに取り付けます。

最大容量75Lは単体のシートバッグでは最高峰です。

また、容量可変、取り外しできるサイドポケット、ドリンクホルダー、ホールディングコードなど非常に機能性に優れています。

キャンプツーリングに行こうと思っていて、シートバッグに悩んでいるなら、このキャンピングシートバッグ2を持っておけば間違いないです。

デイトナとタナックスのおすすめシートバッグまとめ

本記事は「【比較表】デイトナとタナックスのおすすめシートバッグ14選」について書きました。

デイトナとタナックスの2つのブランドから、ありとらゆるタイプのシートバッグが発売されています。

比較表を参考に、あなたにマッチしたシートバッグを見つけてください!

それでは、いってらっしゃい!

スクロールできます
バッグ容量メーカー価格容量可変高さ奥行重量材質取り付けやすさ防水性拡張機能
DH-708
4Lデイトナ6,664円11cm25cm28.5cm900gカーボン調合皮
1680Dポリエステル
イージーリングベルトレインカバー付属
MFK-236
5Lタナックス8,480円17.3cm21.6cm27.8cm820gPC樹脂
1680Dポリエステル
Kシステムベルトレインカバー付属
DH-722
7~12Lデイトナ6,818円15~22cm25cm34.5cm1.12kgポリエステルイージーリングベルトレインカバー付属バンジーコード
MFK-240
14~18Lタナックス11,365円21~25cm27.8cm35cm1.28kgポリエステルKシステムベルトレインカバー付属
MFK-100
19~27Lタナックス9,855円20cm37~51cm30cm1.6kg1680Dナイロン
PVCレザー
Kシステムベルトレインカバー付属ドリンクホルダー
ホールディングコード
DH-751
20Lデイトナ12,410円17cm44cm30cm2.05kg調査中イージーリングベルトレインカバー付属バックパックとして使用可
拡張ポーチ
MFK-233
29~40Lタナックス12,372円23cm52~68cm28cm2.1kgポリエステル固定ベルトレインカバー付属ドリンクホルダー
ホールディングコード
DH-748
30Lデイトナ3,600円48cm30cm28cm750gターポリンイージーリングベルト
(別売り)
防水素材バックパックとして使用可
DH749と連結可能
MFK-246
35Lタナックス6,618円25cm56cm25cm800gナイロン
TPUコーティング
固定ベルト
(別売り)
防水素材ショルダーベルト付属
エアバルブ
MFK-101
39~59Lタナックス14,082円31cm47~67cm31cm2.7kgナイロンレインカバー付属ドリンクホルダー
ホールディングコード
着脱式サイドポーチ
MFK-247
50Lタナックス7,716円29cm60cm29cm820gナイロン
TPUコーティング
防水素材ショルダーベルト付属
DH-749
60Lデイトナ5,751円45cm30cm30cm1.2kgターポリン固定ベルト防水素材DH748と連結可能
MFK-102
59L~75Lタナックス15,864円35cm62~82cm33cm3.7kgナイロン固定ベルトレインカバー付属ドリンクホルダー
ホールディングコード
着脱式サイドポーチ
容量順に並べた比較表
引用:amazon.co.jp

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次